ベガルタ仙台クラブ設立30周年
Instagram Facebook YouTube Line Twitter TikTok ベガルタ仙台クラブ設立30周年

クラブ
メッセージ

歩んできた歴史を
共に振り返り、
新たな歴史への一歩を
歩み始めましょう

ベガルタ仙台は設立30周年を迎えました。
市民クラブとして産声を上げたこのクラブが、さまざまな困難を乗り越え、このような節目を迎えられたのは、ファン・サポーターのみなさまや地域のみなさま、スポンサー、自治体などのステークホルダーの方々の支えがあったからです。
改めて、みなさまに感謝を申し上げます。
30周年という大きな節目を迎えるにあたり、みなさまへの感謝やご支援を還元できるようなイベントや事業を企画しております。これまでクラブが歩んできた歴史を一緒にみなさまと振り返りながら、新たな歴史への一歩を共に歩み始めましょう。

株式会社ベガルタ仙台

30周年
ロゴについて

ベガルタ仙台クラブ設立30周年

30年の繋がり

チーム発足から30年。
この積み重ねたクラブの歴史を表す数字を、
クラブ名の由来である天の川と2つの星、
ベガとアルタイルでビジュアライズ。
2つの星は30年の歩みの原点である
ブランメル仙台とベガルタ仙台を表し、
3と0の滑らかな繋がりは
クラブとクラブを支える
多くの人々(サポーター)との絆、
そして未来への繋がりを表現しています。

メモリアル
ムービー

comming soon

ニュース/
イベント

投票系コンテンツのプレゼントを公開!

ベガルタ仙台クラブ設立30周年×仙台泉SELVA 開業25周年コラボ企画開始のお知らせ

VTuber「緑仙」×ベガルタ仙台 タイアップ楽曲「Blowin’ Wind is blowin’」完成のお知らせ

4月25日(木)、TG×ベガルタスポーツフィールド(仮称)人工芝多目的グラウンドオープニングセレモニーを行いました。

ベガルタ仙台クラブ設立30周年

「みんなで描くベガルタの未来 〜EVER GOLD SPIRIT〜」 ベガルタ仙台を強く、大きく、たくましくする クラウドファンディング実施のお知らせ

BEST GOAL 30
BEST GAME 30
BEST UNIFORM

目に焼き付いて忘れられないあのゴール、
ホイッスルの響きが
耳にこだましたあの試合、
ベガルタ・ゴールドで
一緒に戦ったあのユニフォーム。
あなたの「1番」はどれですか?

OUR BEST 11

歴代ベストイレブンをつくろう!

時代を超えた“ベガルタ・ドリームチーム”。
「ベストイレブンメーカー」で、
あなたが考える
最強ベガルタ仙台をつくりませんか?

BEST PLAY

教えて!ベストプレー

記録には残らないけど、
記憶に残るプレー
あなたの心に残っている
「ベストプレー」を共有しよう!

レジェンド
メッセージ

comming soon

30年の軌跡

ベガルタ仙台の30年間の戦いと、
その舞台裏をみてきた関係者が
それぞれの視点で綴る
「ベガルタ仙台 30年の軌跡」

30周年記念グッズ

【2024年間チケット会員限定】「adidas別注クラブ設立30周年記念オリジナルコート」

【2024年間チケット会員限定】「adidas別注クラブ設立30周年記念オリジナルコート」

クリエイティブアーカイブ

クリエイティブアーカイブ
えかきうた ベガッ太えかきうた ルターナえかきうた
  • 教えて!ベストプレー DFながら年間10得点もしたドゥバイッチ選手ドゥバイッチ、ゴールゲットのコールしていた時のワクワク感は半端なかった! (Vegaaarさん)
  • 教えて!ベストプレー 2014年11月29日徳島ヴォルティス戦野沢拓也選手の絶妙なヒールでのスルーパス!華麗なテクニックを存分に活かしたプレーでした。 (T.M11さん)
  • 教えて!ベストプレー 2021年2月27日 サンフレッチェ広島戦 51、85分のスウォビィク選手のビッグセーブ今まで見たセーブの中で一番凄いセーブだった!51分のセーブは相手のドンピシャのヘディングを防ぐだけでも凄いがセカンドボールも態勢を少しだけ立て直してセーブ!85分はニアサイドに振られてそこからファーのシュートに対応していたのは凄すぎる! (けろちゃんさん)
  • 教えて!ベストプレー 2022年4月10日 レノファ山口戦 決勝点を挙げた富樫敬真選手の試合後のヒーローインタビュー。「各々のピッチ」という名言が飛び出し、これからも日常を頑張って、週末はベガルタ仙台と共に闘いたいと思わされたから。富樫選手は熱い発言もプレーも大好きでした。また戻ってきた欲しい。 (DSLさん)
  • 教えて!ベストプレー 2012年 赤嶺真吾選手の泥臭いプレーが好きでした。なんとしてでも得点を奪う気持ちが見えていたと思う。 (おねぎさん)