ベガルタ仙台クラブ設立30周年
Instagram Facebook YouTube Line Twitter TikTok ベガルタ仙台クラブ設立30周年

クラブ
メッセージ

歩んできた歴史を
共に振り返り、
新たな歴史への一歩を
歩み始めましょう

ベガルタ仙台は設立30周年を迎えました。
市民クラブとして産声を上げたこのクラブが、さまざまな困難を乗り越え、このような節目を迎えられたのは、ファン・サポーターのみなさまや地域のみなさま、スポンサー、自治体などのステークホルダーの方々の支えがあったからです。
改めて、みなさまに感謝を申し上げます。
30周年という大きな節目を迎えるにあたり、みなさまへの感謝やご支援を還元できるようなイベントや事業を企画しております。これまでクラブが歩んできた歴史を一緒にみなさまと振り返りながら、新たな歴史への一歩を共に歩み始めましょう。

株式会社ベガルタ仙台

30周年
ロゴについて

ベガルタ仙台クラブ設立30周年

30年の繋がり

チーム発足から30年。
この積み重ねたクラブの歴史を表す数字を、
クラブ名の由来である天の川と2つの星、
ベガとアルタイルでビジュアライズ。
2つの星は30年の歩みの原点である
ブランメル仙台とベガルタ仙台を表し、
3と0の滑らかな繋がりは
クラブとクラブを支える
多くの人々(サポーター)との絆、
そして未来への繋がりを表現しています。

メモリアル
ムービー

comming soon

ニュース/
イベント

投票系コンテンツのプレゼントを公開!

ベガルタ仙台クラブ設立30周年×仙台泉SELVA 開業25周年コラボ企画開始のお知らせ

VTuber「緑仙」×ベガルタ仙台 タイアップ楽曲「Blowin’ Wind is blowin’」完成のお知らせ

4月25日(木)、TG×ベガルタスポーツフィールド(仮称)人工芝多目的グラウンドオープニングセレモニーを行いました。

ベガルタ仙台クラブ設立30周年

「みんなで描くベガルタの未来 〜EVER GOLD SPIRIT〜」 ベガルタ仙台を強く、大きく、たくましくする クラウドファンディング実施のお知らせ

BEST GOAL 30
BEST GAME 30
BEST UNIFORM

目に焼き付いて忘れられないあのゴール、
ホイッスルの響きが
耳にこだましたあの試合、
ベガルタ・ゴールドで
一緒に戦ったあのユニフォーム。
あなたの「1番」はどれですか?

OUR BEST 11

歴代ベストイレブンをつくろう!

時代を超えた“ベガルタ・ドリームチーム”。
「ベストイレブンメーカー」で、
あなたが考える
最強ベガルタ仙台をつくりませんか?

BEST PLAY

教えて!ベストプレー

記録には残らないけど、
記憶に残るプレー
あなたの心に残っている
「ベストプレー」を共有しよう!

レジェンド
メッセージ

comming soon

30年の軌跡

ベガルタ仙台の30年間の戦いと、
その舞台裏をみてきた関係者が
それぞれの視点で綴る
「ベガルタ仙台 30年の軌跡」

30周年記念グッズ

【2024年間チケット会員限定】「adidas別注クラブ設立30周年記念オリジナルコート」

【2024年間チケット会員限定】「adidas別注クラブ設立30周年記念オリジナルコート」

クリエイティブアーカイブ

クリエイティブアーカイブ
えかきうた ベガッ太えかきうた ルターナえかきうた
  • 教えて!ベストプレー 2008年5月18日モンテディオ山形戦後半終了間際に決勝点をあげホームでのみちのくダービー勝利に沸いた佐藤由紀彦選手のゴール。途中出場が多く在籍期間も長くはありませんでしたが、J を知り尽くした彼の熟練のフリーキックで中原選手らとホットラインを形成し、入れ替え戦では共に涙する彼こそ「記憶」に残るプレイヤーとして脳裏に焼きついています。 (週末の思い出はいつだってゴールドに染まったスタジアムさん)
  • 教えて!ベストプレー 2001年11月18日京都パープルサンガ戦GKの高橋範夫選手が後半40分くらいのコーナーキックで攻撃参加!盛り上がるスタンドと隣で「まだ早い!戻れ!(点取られたら終わりだ!)」と先輩が叫んでいたのが印象的です。さらにコーナーが終わった後にすぐにゴールに戻らず相手を削りに行ってるのが最高でした! (かーたーさん)
  • 教えて!ベストプレー 1996年4月21日ヴィッセル神戸戦W杯優勝メンバー、リトバルスキーのスーパープレーを仙台で、しかも地元チームの選手として見ている、と言うことが夢のようだった。オルデネビッツ、越後和男も躍動。神戸にはラウドラップや永島もいた。自宅からチャリで10分の陸上競技場が世界に繋がって、自分のサポ歴が始まった思い出の試合。 (サポ歴28年さん)
  • 教えて!ベストプレー 2009年 関口訓充選手試合終了間際の、体力的に一番苦しい時でも、絶対にプレスバックをさぼらない姿が大好きでした。 (ノエルさん)
  • 教えて!ベストプレー 2001年11月18日 京都サンガF.C.戦 後半42分、同点の状況でGK高橋範夫選手が帽子を脱ぎ、相手ゴール前まで攻撃参加したシーン (Tさん)